« ゴディバのチョコレート | トップページ | ハローワークを利用しよう »

腎臓病の具体的な食事

腎臓病の方の食事療法は、食事で病気を治す、というよりも腎臓の負担を軽くして、病気の進行を遅らせることが目的です。腹膜透析や血液透析を行っていても、同時に食事療法を効果的に行いながら、日常生活を送ることもできます。

腎臓病の具体的な食事は、高カロリー低タンパクの主食、 低塩や減塩の調味料、低リンの乳製品、カルシウム強化のための菓子などがあります。 医師や管理栄養士の指示を良く聞いて、食生活を改善していかなければなりません。

腎臓病の食事療法は失敗すると、病気を悪化させてしまいます。食塩を取りすぎるとむくみや高血圧を引き起こします。タンパク質も糖分や脂肪も、量を誤ると血中の老廃物を増加させ、腎臓に大きな負担をかけてしまうことになるのです。

腎臓病の食事では、体内に老廃物を蓄積させないようにして、健全な日常生活活動ができるような栄養状態を維持することが大きな目的となっています。担当の医師や管理栄養士に相談をして、食生活を改善していきましょう。

|

« ゴディバのチョコレート | トップページ | ハローワークを利用しよう »

健康・ダイエット」カテゴリの記事