ゲーム

マジック・ザ・ギャザリングとは

マジック・ザ・ギャザリング(Magic・The Gathering)とは、米ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社製のトレーディングカードゲームのことである。日本での販売元はタカラトミーである。数学者のリチャード・ガーフィールド氏が開発し、1993年8月に最初の基本セットであるアルファ(第1版)が発売されている。

マジック・ザ・ギャザリングは、一定の制限内で好きなようにカードを組み合わせたデッキを各プレイヤーが用意し、それぞれのカードが原則を破る特殊ルールを持っているのが特徴で、カードの組み合わせは無限大であり、その自在性と、カード本来の持つ芸術性やコレクション性がさらにおもしろさを向上させている。

マジック・ザ・ギャザリングは、基本的には2名のプレイヤーによる1対1の対戦ゲームである。まずは、双方のプレイヤーが各々20点のライフポイントとルール制限に従った60枚以上のカードで構成された山札(デッキ)を持つことから始まる。プレイヤーは各々自分の手番(ターン)で交互に相手を攻撃し、その攻撃を受けて自分の場のカードでそれを防ぎきれない場合には、防げなかった点数分だけ、プレイヤーのダメージとしてをライフから減らすのである。これを交互に繰り返して、プレイヤーのライフポイントが0になるか、もしくは山札を引けなくなった時点でそのプレイヤーが敗者となり、ゲームが終了する。

マジック・ザ・ギャザリングは、世界中でトーナメントが開かれている。その公式戦の一つにDCI認定トーナメントがある。このトーナメントの結果は世界ランキングに反映される重要な公式戦である。そしてその世界ランキングはインターネット等を通じて全世界に発表されている。また、世界選手権もあり、2005年は日本人で初めて森勝洋が優勝。同時に国別対抗トーナメントでも日本代表が優勝している。2006年は三原槙仁が優勝し、二年連続で日本人が世界王者となっている。

一本釣  Wiiイレ   ワザップ!

|