ファッション・アクセサリ

ポールスミスのネクタイコレクション

ポールスミスは自転車レーサーを目指していたが、事故によりレーサーへの道を閉ざされた。退院後、パブに浸る毎日を送っていた。パブにはアートスクールの学生が通っていた。アートスクールの学生からの様々な仲介役の仕事を果たす日々が続いた。やがて彼はこの仲介役の仕事を自分の仕事にしようと思い始めた。これがポールスミスの人生の転換期とも言えると思います。実際に彼のコレクションに表れています。

そんな訳でポールスミスネクタイのコレクションには自転車のモチーフが数多くあります。ネクタイの生地もいいのですが芯がシッカリしていて何回巻いても型崩れしません、かといってシッカリし過ぎてゴワゴワしているわけでもありません。忙しい朝に何回もネクタイを巻きなおすなんてストレスもなくなります。

それではネクタイの結び方を参考にしてください。プレーンノットは、いちばん簡単な結び方で、普通幅のカラーやボタン・ダウン、衿先の長いロング・ポイントなどのカラーに合う結び方です。初心者向けです。

ポール スミスネクタイを通販やとくにオークションなんかで購入するときの注意点を参考にしてくだし。安くていいものを買いたいというのは誰しもが思うことですがブランド品には偽者という落とし穴がまっています。特にオークションの場合は自分で使っていたものをオークションにかけているなら本物の可能性は高いと推測されますがその他は偽者ということを少しは頭にいれて購入を考えたほうがいいでしょう。

ファッション関連サイト
スワロフスキーつき腕時計
ジェムケリーのジュエリー
チペワのブーツ
ベルメゾン 心地よい暮らしのための通販カタログ
ショートパンツでおしゃれをコーディネート

お気に入りの情報ブログ
ライフスタイル 情報ナビ

|

ブルガリ(BVLGARI)について

ブルガリ(BVLGARI)とは時計やアクセサリーで有名なイタリアのファッションブランドです。創始者のソリティオ・ブルガリはギリシャの銀細工師の家に生まれましたが、バルカン戦争をきっかけにローマに移住し1884年に宝飾店を開いたのがブルガリの始まりとされています。

ブルガリの時計の歴史はアクセサリーに比べて比較的新しく、本格的な時計の製造を始めたのは1970年代以降のことです。ブルガリはアクセサリーブランドとして長年培ってきた洗練された美的感覚を時計にも惜しみなく発揮し、1977年にはブルガリ時計の代名詞ともいわれる「ブルガリブルガリ」を発売します。

この「ブルガリブルガリ」発売を機に、ブルガリはスイスにブルガリタイム社という時計製造会社を設立し、「ビーゼロワン」、「レッタンゴロ」、「アルミニウム」、「ディアゴノ」、「アショーマ」などのシリーズを世に送り出します。中でも「アショーマ」はブルガリ時計の集大成といわれており、「ブルガリブルガリ」と並んでブルガリ時計の代表作となっています。

ところで、ブルガリ時計にもやはり偽物やコピー商品が見受けられます。時計も含めたブルガリ製品にはブラックライトで光る印がついているのですが、最近は偽物にも同じような印がついているようです。特にネットではブルガリ時計を手にとって買うことができないので、オークションなどには手を出さないほうがいいかもしれませんね。

ファッション関連サイト
憧れのスーパーブランド
ルイ ヴィトンの新作
プチバトーのベビー服と子供服
フェリシモではじめるカタログ通販
ガルシアマルケスの人気バッグ
ラルフローレンの魅力

おすすめ情報ブログ
ポケット雑学情報ブログ

|

グッチのキーケースの魅力

グッチのキーケースは、男性へのプレゼントとして高く支持されています。それは、あまりに高い金額のプレゼントだと、贈る相手へ負担になってしまいがちですが、その点、価格帯と知名度のバランスがとれているのがいいところです。

グッチのキーケースで特筆すべきは、カラーラインナップがとにかく豊富なことです。プレゼントとしては無難な黒、ベージュをはじめとして、自分買いするなら、ピンクやレッド、白や水色、アイボリーと、本当にいろいろあって目移りしてしまいます。

さて、グッチのキーケースをチェックするには、やはりネット通販の画像だけよりも生で皮の質感などを確認したいところです。そんな時に便利なのが、グッチの直営店でも最大級の規模を誇る、グッチ銀座。8階建てのビルすべてが、グッチ尽くしということで、グッチ好きの人にはまるで聖地のようです。

そうして、使えば使うほど、なじんできて愛着がでてくるのがグッチのキーケースです。ただ、中の金属部分は時間が経てば、擦り減ってきて、壊れてしまうのは避けれません。でもそうなったときも、ちゃんと修理ケアをしてくれるのが、高級ブランドのいいところです。そんな手間をかけながら、自分だけのキーケースに仕上げていってはいかがでしょうか。

|

ヴィトンの長財布

ヴィトンといえば、ルイ・ヴィトンがフランスで皮カバン職人として創業し、現在では世界で最も有名なファッションブランドです。ヴィトンの長財布はその中でも最も手が届きやすいものであることからヴィトンの最大の人気商品となっています。

モノグラムとそのバリエーションであるモノグラム・ヴェルニ、 モノグラム・マルチカラー、モノグラム・デニムやダミエ、ダミエ・アズール、 エピ、そしてタイガ、ユタ、アンティグア、スハリ、ノマド、モノグラム・ミニ・ラン、コアラがヴィトン長財布の定番です。2006・2007春夏コレクションであるモノグラム・チャーム、モノグラム・ペルフォ、トバゴレザー、 クルーズコレクション、モノグラム・ダンテェルは今最も注目されているヴィトン長財布と言って良いでしょう。

色と柄の種類の多さでヴィトン長財布はダントツではないでしょうか。ブラウン、白(ホワイト)、黒(ブラック)、フランボワーズ、パンダ、マンダリン、イエロー、マシュマロピンク、パープル、マルチカラーなどは最も人気のものです。同様にデザインも多様で、がま口折財布、Wホック折財布、二つ折長財布、三つ折長財布、折財布などがあります。

ヴィトン長財布はオークションなどでも手に入るようですが、偽物が最も多いブランドとしても有名ですので注意が必要です。新品の本物のヴィトン長財布を出来るだけ安い価格で手に入れて、ワンランク上のステイタスを感じてみてください。

|