学問・資格

大学通信教育制度

通信教育による大学教育制度は、社会人の高等教育をコンセプトにした通信教育制度です。大学通信教育制度は、昭和22年に学校教育法によって制度化され、昭和25年には正規の大学教育課程として認可されました。誰でも大学教育を受けることができるようになったのです。現在、全国でおよそ28万人もの方が、さまざまな理由で学んでいます。

この大学による通信教育は、通学での大学教育と異なります。社会人が仕事と両立できるような仕組みになっています。大学通信教育の中心的な学習方法は、印刷教材等による授業(自己学習)です。 さらに、印刷教材等による授業だけでは不十分な科目や学習内容もあることから、面接授業(スクーリング)や放送授業(主に放送大学が実施)が行われています。また、インターネットを利用したメディアを利用して行う授業も通信教育の授業形態として認められています。

そして、大学通信教育で取得できる資格には、教員・保育士・学校図書館司書教諭・図書館司書・社会教育主事・博物館学芸員・測量士補・社会福祉主事・児童指導員・情報処理士・訪問介護員があります。また、司法試験第2次試験・公認会計士試験第2次試験・税理士試験・社会福祉士受験・建築士受験(1級・2級)の国家試験の受験資格を取得することができます。

最後になりましたが、大学通信教育は、文部省(文部科学省)に認可された正規の大学教育です。卒業すれば、学士(短大は短期大学士)の学位を得ることができます。通学課程の卒業生と何ら変わりはありません。しかし、大学通信教育の卒業率は高くないのが現実です。やはり多忙な仕事や病気など社会人になってから勉強して大学を卒業するのは、かなり大変です。ぜひ、危機を乗り越えて卒業をして欲しいものです。


債務整理 せどり チーズケーキ 引越し メモリースティック

お気に入りの情報ブログ
耳よりな雑学ブログ

|

医療事務に関連する資格

医療事務は、現在注目されている職業分野の一つです。医療事務に関連する資格にはいろいろなものがあり、未経験から就職先を探す場合には資格があったほうが有利だとも言われているようです。人気の医療資格の一つに、「医療事務技能審査試験」というものがあります。

「医療事務技能審査試験」の実施団体は、厚生労働大臣許可の財団法人日本医療教育財団です。この資格には一級と二級があり、「医科」と「歯科」に分かれています。合格すれば「メディカルクラーク」の認定資格を得ることができるため、人気の医療資格となっています。

「医療事務管理士技能認定試験」も、多くの受験者がいる人気の医療資格試験です。「医療事務管理士技能認定試験」にパスすれば、「医療事務管理士」の称号を得ることができます。医科医療事務あるいは歯科医療事務のどちらかひとつを選択して、受験することになります。

医療事務関連の資格は、ほかにも多数あります。すでに人気の医療資格もあれば、これから注目度が高まってきそうな新しい医療資格もあります。資格取得を検討する場合には、自分のキャリアに必要な資格かどうかを十分吟味し、将来性などの面も検討すると良いでしょう。

|

ハローワークを利用しよう

ハローワークは、就職、再就職、転職などをサポートしてくれる公共機関です。ハローワークは公共職業安定所とも言って、厚生労働大臣が管轄しており、全国各地に出張所も含めて設置されています。このハローワーク、実際にはどの様に利用したら良いのでしょうか。

大きく三通りの利用法がハローワークに関連してあります。1.求人自己検索コーナー。これも直接最寄のハローワークへ行き、タッチパネル式のコンピュータから案件を検索、良さそうなものがあれば印刷できます。タッチパネル式なので、コンピューターが良く分からない方でも簡単に検索できます。2.インターネット。ハローワークのHP(http://www.hellowork.go.jp)から、様々な案件が検索できます。これはインターネットが繋がる環境からならばいつでも利用できるので大変便利です。3.求人ファイル。直接最寄のハローワークへ足を運び、現地の求人ファイルを閲覧できます。これには地域限定の案件や、短期、季節柄など限られた案件等も掲載されています。

良さそうな案件・求人へを見つけたら、次のステップはは応募です。まずハローワークの担当者へ求人票、もしくは求人番号をメモして渡します。その後は担当者が連絡をとる、もしくはあなた自身が応募することになります。申し込みの際には職務経歴書・履歴書が必要となります。これらはいずれ必要になるものですので、事前に準備しておくと良いでしょう。また、応募の際にハローワークはあなたの紹介状を書いてくれます。必要がある場合は相談してみましょう。

ハローワークを利用しても、なかなか求人情報が見あたらないこともあるでしょう。しかし、ハローワークにはどんどん雇用主から求人の依頼がきています。ですから、一回行っただけで諦めるのではなくて、週1回でも通ってマメに求人情報の更新をチェックしておきましょう。良い情報はどんどん決まっていくので、自分から動くことで情報は手に入れましょう。

|