心と体

ゴールドジムについて

ゴールドジムとは、現カルフォルニア州知事であるアーノルド・シュワルツェネッガーが映画デビューしたことをきっかけに『世界で最も有名なジム』として人気を博している本格ボディビルジムです。1965年に創立され、世界650店舗、会員数300万人の世界最大規模のフィットネスクラブですが、アーノルド・シュワルツェネッガーだけでなく、同じく映画俳優であるシルベスタ・スタローンやキコラス・ケイジをはじめ、プロレスのハルク・ホーガンやバスケットのマイケル・ジョーダンなどの有名人も多数、在籍しています。

施設内の設備を利用したマシントレーニングに加え、スタジオプログラムは、リラクゼーション系(ヨガ・マットピラティスなど)、ボディーコンディショニング/調整系(ピラティスなど)、格闘系(ボクシングなど)、ダンスコンプレックス&ダンス系(HIPHOPからジャズ、バレエの基本など)、エアロビクス系(リズムに乗ったエクササイズなど)、ステップ系(台を利用した昇降運動など)とわかりやすくジャンル別に系統立てて、行なわれています。

世界最多の施設数を誇るゴールドジムは、その施設の世界規模での展開だけでなく、効率的なエクササイズをサポートするトレーニングウェアやプロテインの開発及び販売、そしてトレーニングマシンの販売とトレーニング雑誌『IRONMAN』の発行を行なっています。まさに私たちの筋肉が輝きを増すための環境作りに余念がありません。

入会後は、トレーニング方法や食事やサプリメントなど、トレーニングに関する素朴な疑問にも親切に6回に分けて、トレーナーが説明してくれる無料トレーニング説明会に参加できます。入会を決めかねている方向けに2週間ジム施設を使い放題し、体験できる2ウィークパスもリーズナブルな価格で販売しています。さあ、あなたもゴールドジムを体験してみよう。

スポーツ関連サイト
肉離れの症状と予防 その治療法
軽量自転車 ロードバイクについて
フットサルの基本ルール
ゴルフクラブの選び方

おすすめ情報ブログ
なっ得 雑学情報

|

ドリンク酢について

最近新聞や雑誌などでドリンク酢の広告をよく見かけます。お酢は古くから使用されており、古代ギリシャではヒポクラテスがお酢の抗菌作用に着目し、医薬品の替わりに使用していたそうです。古代エジプトのクレオパトラは美容のためにお酢を愛用していたとも言われています。

お酢には発汗作用、腎機能アップ、肝機能アップ、疲労回復、食欲増進、代謝促進などの効果があります。例えば酸味の強い果物やお酢には酢酸をはじめとする有機酸が多く含まれ、その有機酸が疲労の原因となる物質の分解を促進しますので、疲れがとれるのです。

ドリンク酢は健康維持のために毎日飲むのが効果的ですが、毎日飲むとなるとそのままではかなり酸っぱくて飲みづらいものですので、5倍~10倍に薄めて飲むのがよいでしょう。お好みに応じて水、お湯、炭酸水、野菜ジュース、果物ジュースなどで薄めるとかなり飲みやすくなります。

オリジナルのドリンク酢を作るのも楽しいかもしれません。お好みのフルーツをお酢に1~2週間程度漬け込んでおくだけで簡単にドリンク酢を作ることができます。さらにお好みに応じてハチミツを加えたり、滋養強壮にニンニクなどを漬け込んでもかまいません。

酢の効能 ノコギリヤ| メタボリックシンドローム

|

高血圧と食生活について

高血圧とは、心臓の収縮により送りだされた血液が血管を通って流れるとき、血管にかかる圧力のことを血圧といいます。高血圧とはいわゆる血圧が日常的に最高血圧が135mmHg以上、最低血圧が85mmHg以上になっている状態のことを高血圧というのです。

さて日本では、高血圧症の方は50才以上の約半数が高血圧症であるといわれまさに国民病です。まだ大丈夫と高血圧を放置しておくと、動脈硬化がひそかに進行してやがては脳梗塞や心筋梗塞など病気の原因になります。高血圧の原因に最近は肥満の影響が注目され、食べすぎ(カロリーオーバー)が高血圧の誘因としてクローズアップされています。

ですから食塩摂取量、カロリーオーバーによる肥満との関係が高血圧の大敵と指摘されており、毎日の食生活を常に注意し無理のない規則正しい生活をしていくことが大切です。日頃から食塩の制限、カリウムの積極的摂取、コレステロール、飽和脂肪酸の多い食事の制限、アルコールの制限、適正体重の維持などの食事療法が高血圧症の予防として大切なこととしてあげられています。

高血圧の予防には、毎日の生活習慣を見直しが重要な第1歩です。それとともに年に1、2回の定期検査を受けたり、自分でも日頃から血圧測定をして自分の健康状態をチエックしておきましょう。医師の診察を受け、薬を飲んでいる方は自分の判断でやめたりしないこと、薬を確信して生活を乱さないこと乱れると薬の効果は低下します。あくまで正しい生活習慣が基本となります。

|