旅行・地域

リゾートバイトのいろいろ

リゾートバイトというとどの様なものがあるのでしょうか?離島では海の家や配送、冬の雪山で民宿のお手伝いもあるし、技術があればスキーやスノーボードのインストラクターも。高原野菜や沖縄のとうきび畑の仕事なども代表的ですね。

こうしたリゾートバイトはどこで募集情報を探したら良いのでしょうか?簡単な方法としては、アルバイト情報誌など春休み・夏休み、ゴールデンウィークなどリゾートシーズン前には間違いなく特集などが組まれます。また、今ではインターネットで探すのもお手軽です。anやトラバーユ等の大手有名求人誌のホームページでも同様の情報が検索機能つきでチェックできます。

楽しそうなリゾートバイトですが、これにはデメリットもあります。それはシーズンオフには仕事がないので当然、収入がなくなることです。ウィンタースポーツが改行されている期間だけの募集ですから。夏でも冬でも、観光客のいるシーズンだけバイトを募集しています。ですから、安定収入とはほど遠いですね。それでも、リアぞーとバイトが人気なのは、何と言ってもリゾート地を見れる、楽しみめる点ではないでしょうか。仕事の合間や休日に自由時間を楽しむことが何よりです。

スポーツのインストラクターなど免許が必要な職種であるリゾートバイトにはすぐにありつくのは難しいかもしれませんが、その他ホテルや民宿などの補助といったリゾートバイトであれば応募できるでしょう。夏休み、冬休みが利用できるならリゾート地のバイトは楽しい思い出になるでしょう。

沖縄でリゾートバイト   夏休みのアルバイト   単発バイト

|

日帰り温泉旅行でのんびり、ゆったり

日帰り温泉旅行が、近年家族旅行プランで静かなブームになっています。ストレスで傷ついた心と体を癒すには、やはり温泉が一番ですよね。わざわざ遠くまで行かなくても、近郊の温泉を利用するならば、日帰りでも、のんびりと旅行を楽しむことができます。

温泉のいろんな泉質や効能をたどって行くのも日帰り温泉旅行の醍醐味ですね。例えば、含鉄泉。鉄の酸化によって温泉水の色は赤褐色や茶褐色になります。そして、硫黄泉。わが国では比較的多い泉質です。タマゴの腐敗臭に似た特有の臭いは、硫化水素によるものです。

折角の楽しい日帰り温泉旅行ですから、注意すべき点をいくつか上げてみます。入浴前には十分に水分補給をしておきましょう。思った以上に水分が失われます。飲酒直後の入浴はもってのほかです。食後すぐの入浴は避けましょう。1時間くらいは間をあけた方がいいと思います。

この日帰温泉旅行専用プランとしてお勧めなのが、夜の日帰りコース。お客様だけの個室で、ごゆっくりと静かな時をお過ごせます。浴場のつるつるする温泉にゆっくりつかり、季節の折々の旬の素材を生かした季節の会席料理を堪能すれば、一泊旅行に劣りませんよ。

最後に、、オーロラ鑑賞ツアーなどの、思い切っての海外旅行や、沖縄旅行北海道旅行などの国内旅行もいいですが、のんびり日帰り温泉旅行も、また思い出に残るものですよ♪

|