育児

ベビー用品はレンタルで

ベビー用品レンタルを活用して、養育費の支出を抑える事が出来るって知っていますか?例えば、幼児用の歩行器がそれです。普段であれば1万円以上もする歩行器を購入して、数ヵ月後には無用の長物となってしまいます。なので、必要な期間だけ利用なら5,000円で済ましたい商品と言う事ですよね。

また、短い期間で借りれば1,000円超の料金で済むので、非常にベビー用品レンタルは便利なサービスだと言えます。但し、サイトやショップによっては延長料金がかなり高かったり、もしくは、送料が無料でなくそこそこの料金だったりするケースがあります。

具体例ですと、ベビー用品レンタルのサイトで、チャイルドシートの1ヶ月の料金は1,280円なのですが、送料が3,500円で延長料金が1日300円とありました。他のサイトで比較すると、送料1,000円でで延長料金は200円というサイトもあったのでよく比較される事をオススメします。

また、ベビー用品のチャイルドシートと言っても機能も様々で柄も様々です。なので、数点しかチャイルドシートを用意していないレンタルサイトよりも10点以上もチャイルドシートを用意しているサイトをご利用されれば、条件にあった理想のチャイルドシートが見つかるかと思います。

関連サイト
赤ちゃんグッズ
エンゼルの布おむつ
赤ちゃんをおしゃれに
エルメスのベビー用品
赤ちゃんが欲しい!

|

マタニティーワンピースについて

今どきのマタニティーウエアは流行アイテムをうまく取り入れていますね。ひと昔前はいかにも妊婦服という感じのボディラインを包み込むドボッとしたシルエットが主流でした。現在は一見マタニティーウエアとは思えないシルエットが多くなっていますね。

チェニックワンピースとボトムのコーディネイトが最近の流行ですが、この流行はマタニティースタイルにはうってつけですね。スパッツやレギンスのボトムはマタニティー用が必要ですが、チェニックもボレロやストールなどお洒落に羽織れば、もうしばらく活躍できますね。

少しづつふっくらしてくるお腹に合わせて、ボトムはマタニティー用をぜひ用意しましょう。何ヶ月ごろから用意すればよいかといいますと、腹帯を巻く妊娠5ヶ月頃をメドに、次第に大きくなってくるお腹を優しくフィットできる、スパッツやレギンスがオススメです。

マタニティーウエアで一番悩んでしまうのはフォーマルウエアではないでしょうか。特に結婚式などへの出席は喜ばしいことが重なるので、妊婦さんは大歓迎です。着る機会のすくないマタニティーフォーマルウエアにはレンタルドレスをオススメしますよ。

関連サイト
結婚式の招待状
結婚式の髪型
妊娠中の食事
母子手帳
高齢出産

|